ホーム » 作品一覧 » ( ΦωΦ)ここは光生荘のようです(#゚;;-゚) » その3

( ΦωΦ)ここは光生荘のようです(#゚;;-゚) その3

53同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:05:00 ID:hGvyUThI0
ーたった一行でわかる前回までのあらすじー



( ΦωΦ)「「いただきます」」(#゚;;-゚)




.

54同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:05:44 ID:hGvyUThI0
( ΦωΦ)白プルルル


( ΦωΦ)白「あ、もしもし。求人の案内を見たんですけど......」


( ΦωΦ)白「あ、はい。そうです。アルバイト希望なのですが......」


( ΦωΦ)白「あ、えーと、はい。あります。はい、え?」


( ΦωΦ)白「あ、はい。歳は31です」


( ΦωΦ)白「......あー、キツいですか。わかりました。他を当たります」


( ΦωΦ)白ピッ


( ΦωΦ)


(;>ΦωΦ)>「ぬおおお......まさかの五連敗だとぉ......」

55同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:06:18 ID:hGvyUThI0
(;>ΦωΦ)>「やはり歳か!?いやそれとも空白の五年間が不味かったか!?」


(;>ΦωΦ)>「働く気は十分にあるのにぃ......」


(#゚;;-゚)「ロマどうしたの?」


( ΦωΦ)「ああ、あのな仕事を探してたんだが見つかんなくてな」


(#゚;;-゚)「大変だね」


(; ΦωΦ)「そんな他人事みたいに言わないでよ......君のお世話代も含まれるわけだし......」

56同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:07:00 ID:hGvyUThI0
( ΦωΦ)「......仕方ない。もう少し時給の低いところにしてみるか」ペラペラ


( ΦωΦ)エートココハンーデモヒクスギルシ......


ピンポーン


( ΦωΦ)「む?」


( ^ω^)「ロマネスクさーん。ご飯持ってきましたおー」


(#*゚;;-゚)「ご飯のおじさんだー」トテトテ


(; ^ω^)「ご飯のおじさん......なんかものすごく複雑な気分だお」

57同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:07:43 ID:hGvyUThI0
( ΦωΦ)「わざわざすまないのである」


( ^ω^)「いえいえ、同じ荘に住むもの同士、助け合いは大切ですお」


( ΦωΦ)「えーと、これがご飯でこっちが味噌汁......」


( ^ω^)「あれ?無視?僕かなりいいこと言ってなかった?」


( ΦωΦ)「あ、まだいたの?帰っていいよ」


( ^ω^)「泣くぞチクショウ」


( ΦωΦ)「さぁご飯にしようかー」


(#゚;;-゚)「ん!!」


( ^ω^)「......ボッチってヤバイっすか?」

58同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:08:36 ID:hGvyUThI0
( ΦωΦ)「では。手と手を合わせて」


( ΦωΦ)「「いただきます」」(#゚;;-゚)


( ΦωΦ)「......」モグモグ


(#゚;;-゚)「......あれ?」


( ΦωΦ)「ん?どうしたのであるか?」


(#゚;;-゚)「鯖缶は?」


( ΦωΦ)「鯖缶は......これだけあれば十分じゃ?」


(#゚;;-゚)「食ーべーたーいー」

59同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:09:37 ID:hGvyUThI0
(; ΦωΦ)「そんなこと言われてもないものは......」


(#゚;;-゚)「......うー」


( ΦωΦ)「こればっかりは我慢を......」


(#゚;;-;)「ふぇ......」


( ΦωΦ)「......あ」


(#;;;-;)「ふぇええええええええええええん!!!」


(; ΦωΦ)「あ、ちょ、しまっ......ん?」カタカタ


((((; ΦωΦ))))「おお!?なんかめっちゃ揺れて......」ゴゴゴゴゴゴゴ

60同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:11:00 ID:hGvyUThI0
ドガァァァァァァァァン

≡=- -=≡≡≡=- ==≡
   ノ⌒⌒⌒ヽ
  (( ⌒ ⌒ ヾ ))
 ((  ⌒ ⌒  ))
=- `((   ))ノ-=
≡=ヽヽ| |ノノ==≡
  ノ⌒~|i |~⌒ヽ
 ( (~⌒|| |⌒~) )=
 ヽ ゙~⌒~⌒″ノ=
 =-゙ーー″-=



(; ΦωΦ)「吹っ飛んだー!!なんかいきなり屋根が吹っ飛んだー!!」

61同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:11:43 ID:hGvyUThI0
(#;;;-;)「エッグ......ヒグ......」


(; ΦωΦ)「ご、ごめんね!でもいま無いんだよ!ほら、夕飯に買ってくるから、ね!?」


(#;;;-;)「ヤダヤダ!!いまたべたいの!!」


(; ΦωΦ)「っていわれても......」


(; ^ω^)「ちょっ、何やってんですかお!?」


(; ΦωΦ)「ちょうどいいときに戻って来たな飯親父!!」


(; ^ω^)「飯親父!?」

62同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:12:24 ID:hGvyUThI0
(; ΦωΦ)「早く鯖缶を持ってきてくれ!!早急に!!」


(; ^ω^)「鯖缶!?あったかな......」


(; ΦωΦ)「飯っつったらあんただろ!!なんで肝心な時に使えないんだ!」


(; ^ω^)「ひどいっ!」


(; ΦωΦ)「頼む早くしてくれ!!じゃないと......じゃないと!!」

64同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:12:55 ID:hGvyUThI0
╋┓"〓┃   ●┃┃
┃┃ ━┛ヤ━ ━┛・
┏ヾ人┯∧从┯〆━┓
≦\ おい糞共!/┃
┃Δ× ∧_∧-∠〃Z
┠Σ○(#゚ー゚)○そ┨
┃< \   ノ 乙≧
┃ Σ (⌒ヽ |-て<
┠─ム Lノ / ヾΖ┨
o///o(_ノ了V个o
┃〃Z┼√▽│×◇┃
┗〆━┷|/━┷ヾ\┛


(; ΦωΦ)「もう来ちゃった!!」

65同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:13:48 ID:hGvyUThI0
(#゚ー゚)「あ!?来ちゃっただぁ!?てめえが糞だから来ちまったんだよ!!」


(#;;;-;)「ふぇ......ヒック」


(#゚ー゚)「てめえ、誓約書に置物は大切にってあっただろうが!!ちゃんと仕事しろ社会の汚物が!!」


(; ΦωΦ)「すみませんすみません!」


(#゚ー゚)「で!?原因はなんなんだ汚物!」


(; ΦωΦ)「さ、鯖缶.......」


(*゚ー゚)


(*゚ー゚)


(*゚ー゚)「舐めとんのか?」


(; ΦωΦ)「ひぃ!?」

66同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:15:01 ID:hGvyUThI0
(*゚ー゚)「なんだ?鯖缶一つで屋根と窓が吹き飛びましたってか!?あ!?」


( ΦωΦ)「......いや、窓はしぃさんが」


(*゚ー゚)「黙れ消すぞ」


(; ΦωΦ)(目がマジだ......)


(*゚ー゚)「......ったく、おい短小!風俗通いの短小9cm!」


( ^ω^)「ちょwwwなんでしぃさんが僕のサイズをwwwまさか僕のことを」


(*゚ー゚)「その自家発電用のお粗末なものをネジ切ってやろうか?」


( ^ω^)「何なりとお申し付けくださいマドモワゼル」


(*゚ー゚)「隣の流石ん所に行け。あいつなら鯖缶くらいあるだろ」


( ^ω^)「あ、なるほど」


(*゚ー゚)「あ?誰が返事しろっていったよ。さっさといけよ。お前の恋人に棚ん中にアナニー用バイブ入ってんの教えんぞ」


( ^ω^)「三秒で行ってきます」

67同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:15:56 ID:hGvyUThI0
( ´_ゝ`)「というわけで持ってきたぞー」


( ΦωΦ)「あ、昨日のコンビニの」


( ´_ゝ`)「ん?ああ、昨日の。そうか、新入居ってあんただったのか」


(*゚ー゚)「何雑談してんだよ。てめぇの存在価値はその手の中にある鯖缶以下なんだよ。さっさと置いて帰れ」


(; ´_ゝ`)つ□「あ、了解っす......はいどうぞ」


(#;;;-;)「?」

69同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:17:13 ID:hGvyUThI0
( ´_ゝ`)「鯖缶。食べたかったんだろ?」


(#;;;-;)「......」


(#;;;-;)「......」パクッ


( ´_ゝ`)「......」


(#;;;-;)「おじさん」


( ´_ゝ`)「ん?」


(#;;;-;)「ありがと」


( ´_ゝ`)「どういたしまして」

70同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:18:01 ID:hGvyUThI0
(; ΦωΦ)「......収まった?」


( ´_ゝ`)「みたいだな。涙はもう出てねぇみたいだしこれ以上の爆発はないだろうな」


(#つ;;-゚)「......ロマ」グシグシ


( ΦωΦ)「ん?もう大丈夫か?」


(#゚;;-゚)「ん」コクコク


( ΦωΦ)「そうか、それはよかった」


(*゚ー゚)「はぁい、こっちを注目ー」


(ΦωΦ )「?」

71同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:18:53 ID:hGvyUThI0
(*゚ー゚)「はいなんですかみたいな顔してんじゃねーぞ産廃。テメェこの荘の約束ごとを破りやがったんだぞ?」


(; ΦωΦ)「......あ」


(; ´_ゝ`)「ああ......ご冥福をお祈りします」


(; ^ω^)「ま、まさか!」


( ΦωΦ)「あ、いたの?」


( ´_ゝ`)「いたんだ」


(*゚ー゚)「なんでいんだよ影なし野郎」


( ^ω^)「何この団結力」

73同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:20:35 ID:hGvyUThI0
(*゚ー゚)「ま、言わなくてもわかるよな?テメェデストロイだ」


(; ΦωΦ)「ついに謎のデストロイが解禁されるのか!!」


( ´_ゝ`)「頑張れよ、精神科の予約はとっといてやるから」


(; ΦωΦ)「デストロイって精神方面なの!?」


(*゚ー゚)「ごちゃごちゃいってねーでさっさとデストロイ部屋にこい!!」


(; ΦωΦ)「そんな部屋あるんだこの荘!!」


ズルズル(゚ー゚*)つ<; ΦωΦ)イヤダアアアア


拝啓 お母様

お元気でしょうか?
我輩は今日、デストロイなるこの荘の特有の罰を受けることになりました。
もし、耐えきることができたら真面目にこれからこの屋根も窓もない部屋を出ることを検討したいと思います。

74同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:22:00 ID:hGvyUThI0
(*゚ー゚)「さぁ、始めるぜぇ?楽しくなりそうだなぁ!?」


(;  ω )「あばばばばばばば!!??」


ごめんなさい。
出るためにの手続きもこの人管轄でした。
無理です。
これからは粗相のないようこの荘の女神様、しぃ様にお従いしようと思います。

敬具





( ΦωΦ)ここは光生荘のようです(#゚;;-゚)



( ΦωΦ)第三話おしまい(#゚;;-゚)ノシ

75同志名無しさん:2012/11/16(金) 21:23:23 ID:hGvyUThI0
〇光生荘住人一覧( ΦωΦ)メモメモ......


( ^ω^) 空気

空気


(*゚ー゚) 大天使しぃ様

我輩たち、荘の住人が崇める絶対神
お顔は先日ほうれい線が消えたからかさらにお美しくなっている
明日からしっかり崇拝しなくては


(#゚;;-゚) 座敷わらし

泣いたら屋根が吹っ飛んだ
しかも我輩の部屋のところだけ
鯖缶が好物みたいだし今度買い貯めておこう


( ΦωΦ) ロマネスク

我輩
バイトは結局10連敗
ようやく一つ見つけた
時給750円


( ´_ゝ`) 流石さん

お隣さん
コンビニのバイトをしている
鯖缶は買うのやめてこの人から貰おう
この人の存在価値<鯖缶


戻る  <その2 その4>