ホーム » 作品一覧 » おんどりゃ元気印おりゃようですおりゃ » 15.あなたの落としたのは?

おんどりゃ元気印おりゃようですおりゃ 15.

457名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 01:58:05 ID:EII.lEao0
(*^ω^)「あははは、ツン待ってお~~」

ξ*゚⊿゚)ξ「捕まえてご覧なさーい!」

(*^ω^)「よ~し、捕まえたら絶対に離さないお~!」





。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○
                     。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○
          ウフフ
                 (*^ω^)         ξ*゚⊿゚)ξ   アハハ
                    ウフフ    アハハ
。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○
                                 。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○
              。o○。o○゚・*:.。. .。.:*・゜○o。○o。゚・*:.。. .。.:*・゜。o○。o○


(*^ω^)「待ってお~~~!」

ξ*゚⊿゚)ξ「早く捕ま」


    どぼ~~~~んっ


.

458名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 01:58:56 ID:EII.lEao0
(  ゚ω゚)「ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!」

ヾξ >⊿<)ξノシ  バシャバシャ

ヾξ >⊿<)ξノシ「溺れる~~~~~!!」

(  ゚ω゚)「今助けるお! ツーーーーーーーーーーーン!!」

ヾξ >⊿<)ξノシ  バシャバシャ

ξ >⊿<)ξ「あぶぶ」


   ぶくぶくぶくぶく……


(  ゚ω゚)「ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!」

(  ゚ω゚)

( ´ω`)”「そ、そんな……、ツン……。神様ひどすぎるお……」 ガクッ


   ぶくぶくっ


( ^ω^)「お?」

459名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:00:13 ID:EII.lEao0


    ざっぱ~~~ん!


ミセ*゚ー゚)リ「こんにちわ!」
  _,
( ^ω^)「!?」

ミセ*゚ー゚)リ「私は湖の女神!」

( ^ω^)「はぁ……」

ミセ*´ー`)リ「では早速……」 コホン

ミセ*゚ー゚)リっ中「アナタの落としたのは金の斧?」

ミセ*゚ー゚)リっ中「それともこちらの銀の斧?」
  っ中

( ^ω^)「えっ。ツンです」

ミセ*^ー^)リっ中「そうですか。正直者のあなたには両方さし上げましょう!」
  っ中

(; ^ω^)「い、いや。ツンを返して下さい」


   15.あなたの落としたのは?



.

460名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:01:27 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「え?」

(; ^ω^)「だからツンを返してほしいんだお!」

ミセ;´ー`)リ「へへっ。日本語でお願いします」

(; `ω´)「日本語だお!!」

ミセ;゚ー゚)リ「え~?」

(; `ω´)「ツンだお! ツン! 早くしないとツンが死んじゃうお!」

ミセ;゚ー゚)リ「えっ。ツンっていきものですか? テンみたいな」

(; `ω´)「人間に決まってるでしょ!!」

ミセ;゚Д゚)リ「えええええええええええええ!! 人間落としちゃったんですかーーーーーーー!!」

(; ´ω`)「そうだお。今も湖の下で苦しがってるはずだお」

ミセ;゚ー゚)リ「急がないとまずいじゃないですか!」

(; ^ω^)「そうなんだお! だから早く助けて欲しいんだお!」

ミセ;゚ー゚)リ「分かりました!! 急いで救出します!!」


     どぼん……っ


.

461名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:02:46 ID:EII.lEao0
(; ´ω`)「良かったお……。いい女神様だったお……」


     ざっぱ~~~~ん!!


ミセ*´ヮ`)リ「はい、ツン!」  でろ~~ん
  っ( ;;,゚p。”,,..)

(  ゚ω゚)「うえええええええええええええええええ!!!」

ミセ*´ヮ`)リっ( ;;,゚p。”,,..)「あげます」 べちゃり

(; ゚ω゚)「くっせぇ~~~~~~~~~!!! つーかぜってー違うっしょこれ!!」

ミセ;´ヮ`)リ「え? だって人間っぽいのそれしか……」

(; ゚ω゚)「こんなパンッパンのぶくぶくじゃないハズだお! 落ちたてほやほやなんだからっ」

ミセ;゚ー゚)リ「だって特徴とか分かんないしー」

(; ´ω`)「特徴とか分かんなくてもこれは無いと思うお……」

ミセ;゚ー゚)リ「えー……。そうかなー……」

462名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:05:23 ID:EII.lEao0
(; ´ω`)「ひとまず特徴教えるから、ちゃんと探してきて欲しいお」

ミセ;゚ー゚)リ「お、お願いします!」

( ´ω`)「いいかお? 顔がかわいくて~」

ミセ*゚ー゚)リ” ウンウン

( ´ω`)「凄く華奢なんだお~」

ミセ*゚ー゚)リ” ウンウン

( ´ω`)「そんでもって、麦畑のような黄金色の髪……」

ミセ*゚ー゚)リ” ウンウン

( ´ω`)「肌はもちもちしてて……」

ミセ*゚ー゚)リ” ウンウン

( ´ω`)「とりあえず素敵な人なんだお」

ミセ*゚ヮ゚)リ「分かりました! メモしたいんでもっかい言ってもらっていいですか?」

( ´ω`)「命がかかってるんだお。早く行っておくれお」

463名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:06:11 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「は、はい!」


  ざぶ~~~~ん


( ´ω`)=3 フゥ

( ´ω`)”「よっこいしょ」

( ;;,゚p。”,,..)  ぷ~~~~ん

(; ´ω`)

(´ω` ;) プイ…

( ;;,゚p。”,,..)


   ちゅんちゅん……
                     チチチチ……

 チチチチ……


.

464名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:08:18 ID:EII.lEao0


     ざっぱ~~~~ん!!


(; ^ω^)「おっ! どうだったかお!?」

ミセ*゚ヮ゚)リ「見て見てー! 昔のペプシの瓶! 凄くないですか~?」
  っ凸

(; ゚ω゚)「ツンは!?」

ミセ;゚ヮ゚)リ「あっ……」
  っ凸

(; ´ω`)「僕はペプシなんかどうでも良いんだお……」

ミセ;゚ヮ゚)リ「だってほら……。ロゴが今と違う……」

( ´ω`)「そうだね。見つけて嬉しくなっちゃったんだよね、分かるお」

ミセ*´ヮ`)リ「分かってくれましたか」

(; `ω´)「だから早くツンを探してきておくれお!」

ミセ;゚ヮ゚)リ「は、はい! ツンですね! 餅のように膨らんでて体が黄金色の華奢な麦畑!」

( ´ω`)「やっぱメモして行こうか」

465名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:09:01 ID:EII.lEao0
ミセ*゚ー゚)リφ... サラサラ

( ´ω`)「メモ出来たかお?」

ミセ*゚ー゚)リ「はい! 顔がかわいくて、凄く華奢で、麦畑のような黄金色の髪で、肌はもちもちしてて素敵な人ですね!」

( ´ω`)「おっけーだお」

ミセ*゚ー゚)リ「では、行ってきます!」


  ざぶ~~~~ん……


( ´ω`)

( ;;,゚p。”,,..)

(; ´ω`)

       オエッ        ずりずり……
   (; ´ω`)っ< ;;,゚p。”,,..)


(; ´ω`)「よいしょ」


   どぷん……


.

466名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:10:14 ID:EII.lEao0
(; ´ω`)=3 フゥ


     ざっぱ~~~~ん!!


ミセ*´ヮ`)リ「ツン落ちてきました!」  でろ~~ん
  っ( ;;,゚p。”,,..)

(; ゚ω゚)「ちがあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああう!!!」

ミセ;´ヮ`)リ「え~?」
  っ( ;;,゚p。”,,..)

(; ゚ω゚)「どこがツンなんだおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!! さっきの水死体じゃないかおおおおおおおお!!」

ミセ;゚ヮ゚)リ「うそ~~」

ミセ;゚ー゚)リ

ミセ;´ー`)リ「いや、どう見てもツンだよなぁ」

(; ゚ω゚)「これのどこが顔がかわいくて凄く華奢で麦畑のような黄金色の髪で肌はもちもちしてて素敵な人なんだお!!」

ミセ;゚ー゚)リ「だって、他に人間っぽいの全然ないんですもん……」

(; ´ω`)「そんなハズは無いお! 確かに溺れていったんだお……」

467名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:11:27 ID:EII.lEao0
ミセ;´ー`)リ「う~~~ん……」

(; ´ω`)「ああ、ツン。ツン。心配だお……」

ミセ;´ー`)リ 

ミセ*゚ヮ゚)リ「あ!」 ピコーン

(; ´ω`)「どうしたお?」

ミセ*゚ヮ゚)リ「ひらめきました!」

( ´ω`)「お。見つけ出せるのかお?」

ミセ*゚ー゚)リ「ツンの好きな食べ物ってなんですか?」

( ´ω`)「え~? 何かな……。バームクーヘンとか?」

ミセ*^ヮ^)リ「じゃあ、私釣り竿持ってくるんで、バームクーヘンの用意お願いします」

( ^ω^)「バカにしてんのか」

468名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:12:59 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ヮ゚)リ「えっ、え~~~?」

(; `ω´)「魚じゃないんだから釣れる訳ないでしょ!!」

ミセ;´ヮ`)リ「私、アポロで釣られちゃった事あるんだけどなぁ~?」

( ´ω`)「アンタは別だお」

( ´ω`)=3 ハァ

( ´ω`)”「……ツン、ツン」 クラクラ

ミセ;゚ー゚)リ「……そ、そしたら私もっかい探してきます」

( ´ω`)「おねがいしますお。ツンは僕の生きる意味なんですお。だから、助からなかった時は何するか分かったもんじゃないですお」

ミセ;゚ー゚)リ「はい! その言葉、肝をつぶしてがんばります!」


   ざぶ~~~~ん


( ´ω`)「肝に銘じて、ね」

469名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:13:48 ID:EII.lEao0
( ´ω`)


   ちゅんちゅん……
                     チチチチ……

 チチチチ……


( ´ω`)「ツン……。無事でいてくれお……」






    ざっぱ~~~~ん


ミセ=(:::゚◎゚:)リ

( ^ω^)

ミセ=(:::゚◎゚:)リ”「ウンボバ ウンボバ」 わっきわっき
  っ―――→

( ^ω^)

ミセ=(:::゚◎゚:)リ「ナ~~~~~~ズ ベンニャ~~~~ かわいいチワワ~~~~~~~」
   っ―――→

470名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:14:58 ID:EII.lEao0
ミセ=(:::゚◎゚:)リ⊂(^ω^ )

ミセ*゚ー゚)リ (^ω^ )     ぱっ
         ミ⊃=(:::゚◎゚:)


( ^ω^)「面白いお面見つけちゃったんだおね。分かるお」

ミセ*゚ヮ゚)リ「ほらー。この槍も良くないですか?」
   っ―――→

( ^ω^)「で、ツンは?」

ミセ;゚ヮ゚)リ「あ」

( ^ω^)「そうかお……」

( ´ω`)

(;;;;;;;;ω`) しんみり

ミセ;゚ヮ゚)リ「ご、ごめんなさい……。でもどうせ見つからないかなーって……」

( ´ω`)「ガッツが足らんお。ガッツが」

ミセ;゚ー゚)リ┛ ムキッ

( ^ω^)「何してんの?」

ミセ;゚ー゚)リ┛「力こぶ……。ガッツあるぞーって……」

( ´ω`)「おめでとう」

471名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:16:49 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「ガッツ出して探しましたよー。でも見つからないんです」

( ´ω`)「だって、確かにここで溺れたんだお……。見つからないハズがないお……」

ミセ;゚ー゚)リ「どこですか?」

( ´ω`)σ「そこそこ」

ミセ;゚ー゚)リ「その辺見たんですけどねー……」

( ´ω`)「んー……」

ミセ;´ヮ`)リ「っていうか、私だけじゃ見つからないんで手伝ってくださいよー」

(; ^ω^)「ぼ、僕がかお?」

ミセ;´ー`)リ「はい」

(; ´ω`)「……泳げないんだお」

ミセ*゚ー゚)リ「わっ。珍し。水泳習ってなかったんですか?」

(; ´ω`)「お習字とピアノなら……」

ミセ*゚ヮ゚)リ「あー。みよちゃんと一緒だ」

( ´ω`)「そうかお」

472名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:18:38 ID:EII.lEao0
ミセ*゚ー゚)リ「ほらー。泳げなくても顔を水につけるだけでも……」

( ´ω`)「そんなんで見つかるのかなぁ……」

ミセ*゚ー゚)リ「クソの役には立ちます」

( ´ω`)「忠告しとくけど、意味を知って使わないと敵を作るお」

( -ω-) スゥゥゥ……

( -ω-)「んっ」


   ちゃぷん


( ^ω^)

ξ´⊿`)ξ

(  ゚ω゚)「ふううううううううううううううううううううううううううううううううんんんんんんんんん (ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン)」   ガボガボガボガボガボ

ミセ*゚ー゚)リ「いました?」


    じゃぱあ


(  ゚ω゚)「普通にいるじゃねぇか!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

473名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:20:16 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「え。どこです?」

(  ゚ω゚)σ「ホントすぐそこだよ!!!! どこに目ぇつけてんだお!!!」

ミセ;゚ー゚)リ「ん~~~~~?」


   ちゃぷん


ミセ*゚ー゚)リ

ξ´⊿`)ξ


    じゃぱあ


ミセ*゚ヮ゚)リ「いました!! ツンです!!」

(  ゚ω゚)「ツーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!」

ミセ*´ヮ`)リ「いやぁ、こんなに近くにいるとは遠い親戚より近くの他人ですね」

(  ゚ω゚)「灯台下暗しでしょ!? わざとやってんの!?」

ミセ;゚ -゚)リ「いやいやいやいや、違いますよ。私、そういうのわざととかでやる感じの人じゃないって言うか……」

(  ゚ω゚)「ツン!! 早く助けなきゃ!! ツーーーーーーーーーーーン!!!」

ミセ;゚ -゚)リ「聞いてます? 私わざととかそういうのじゃ……」

( ^ω^ )「誰か助けておくれお~~~~~~」

474名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:21:10 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「わ、分かりました! 私がバシっと取ってきます!」

(; ´ω`)「おねがいするお。早くしないと、ツンが、ツンが……」

ミセ;゚ー゚)リ「は、はい!!」


    さっぷ~~~~~ん


(((; ´ω`) そわそわ

(´ω` ;))) そわそわ


    ざっぱ~~~~ん


ミセ;゚ー゚)リ「た、大変です!!」

(; ^ω^)「どうしたお!?」

ミセ;゚ヮ゚)リ「すんごい肌もっちもちしてます!」

( ^ω^)「急ぐんだ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

475名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:22:51 ID:EII.lEao0
ξ´⊿`>⊂ミセ;゚ -゚)リ ズリズリ

ミセ;゚ヮ゚)リっ⌒  「ツンお待たせしました!」 べちゃ
       ξ´⊿`)ξ

(; `ω´)「もっと大切に扱ってくれお!」

ξ´⊿`)ξ

(; ´ω`)「おお、ツン……。かわいそうに。今助けてあげるお」

ミセ*゚ー゚)リ「どうやるんですか?」

(; ^ω^)「えーーっと……」

(; ^ω^)

(; ^ω^)「人工呼吸」

ミセ*゚ヮ゚)リ「ADE入ります?」

( ^ω^)「AEDね。使い方分からないし、いいお」

476名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:23:36 ID:EII.lEao0
(; ^ω^)「とりあえず……。やるお!」

ミセ*゚ー゚)リ「がんばってください!」

ξ´⊿`)ξ (^ω^; )

ξ´⊿`)(´ω`; ) ちゅっ

ξ´⊿`)(´ω`; )

ξ´⊿`)(´ω`; ) むくむく……むくむく……

ξ´⊿`)(´ω`; ) ビンビン

ミセ;゚ー゚)リ「……ヤダー」

(; `ω´)「ひ、引くなお! 生理現象だお! あっち向いてろお!」

ミセ;゚ー゚)リ「は、はい!」

ξ´⊿`)(´ω`; ) フゥー…フゥー

ミセ;゚ー゚)リ「……舌とか入れてるんですか? ホントヤダー」

ξ´⊿`)(゚ω゚ ; )「入れてるわけないでしょ!! 黙ってなさい!!」

477名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:25:12 ID:EII.lEao0
ξ´⊿`)(´ω`; ) フゥー…フゥー…

ミセ;゚ー゚)リ「……私、心臓ギュッギュってやりますか?」

ξ´⊿`)(´ω`; )「お願いするお!」

ミセ*゚ヮ゚)リ「はい!」

ξ´⊿`)(´ω`; )「僕が三回息を入れたら5回プッシュするんだお、確か」

ミセ*゚ヮ゚)リ「任せてください! 教習所でやりました!」

ξ´⊿`)(^ω^; )「じゃあ行くお!」

ξ´⊿`)(^ω^; ) フゥー…フゥー…フゥー…

ミセ*゚ー゚)リっ”ξ´⊿`)ξ ペタペタ

ミセ*゚ -゚)リ” ペタペタ
   ⊂

( ^ω^)「何してるの?」

ミセ*゚ヮ゚)リ「私の方が大きいです」

( ^ω^)「プッシュするんだ~~~~~~~~~」

479名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:26:40 ID:EII.lEao0
(  ゚ω゚) ハァハァ

ξ´⊿`)ξ

ミセ;゚ー゚)リ「全然蘇生しないですね」

( ´ω`)「これだけやってもダメなんて……。ツン……」

( ´ω`)

。・゚゚ '゜( ´ω∩)'゜゚゚・。  ピエーーーー…

ミセ;゚Д゚)リ「ああ……!」

。・゚゚ '゜( ´ω∩)'゜゚゚・。「こんなのって無いお~~~~~~~~~」 ピエーーーー…

ミセ*゚Д゚)リ「だ、大丈夫です、もう一回トライしましょう!」

。・゚゚ '゜( ´ω∩)'゜゚゚・。「ダメだお~~~~~~~。もう息もしてないし、心臓も完全に止まっちゃってるお~~~~~」 ピエーーーー…

ミセ*゚ー゚)リ「し~か~し~~?」

(  ゚ω゚)「しかしもへったくれも無いお!!!」

ミセ;゚ー゚)リ「えっ、え~?」

480名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:27:49 ID:EII.lEao0
( ´ω`)「ツン……。大好きだったお」

( ´ω`)っ” ザクザク

ミセ*゚ー゚)リ「何してるんですか?」

( ´ω`)っ”「お墓を作ってあげるんだお……」

ミセ;゚ー゚)リ「諦めちゃうんですか!?」

( ´ω`)っ”「もう三時間は経ってるお。悲しいけどそれしか無いんだお……」

ミセ;゚ヮ゚)リ「……パステル♪カラーの~♪季節に~恋した♪」
  っ¶

( ´ω`)っ”「サビを歌えお。サビを」 ザクザク

ミセ;゚ヮ゚)リ「何でしたっけ。 琴欧洲♪ お~どーってる♪」
  っ¶

( ´ω`)っ”「負けないで♪ もーおーすこし♪」 ザクザク

ミセ*゚ヮ゚)リ「それそれ! 負けないで♪ もーおーすこし♪」
  っ¶

( ´ω`)っ”「分かったから手伝ってくれお」 ザクザク

481名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:29:19 ID:EII.lEao0

             チーン
        _ 
      /,:.:,:'ヽ 
     /,:.:.、;:..,:.:,:l
     l,:.:.;:...:,:.:..:,:) 
      ヽ''"'"~'''  


ミセ;゚ヮ゚)リ「出来ましたね!」

( ´ω`)「……簡素なお墓だけど、安らかに眠ってくれお」

( ´ω`) ナムナム
   人

ξ´⊿`)ξ

(^ω^ )「……………え~」
   人

ミセ*゚ー゚)リ「どうしたんですか?」

(^ω^ )「何でツン、ここにおるね~ん」
   人

ミセ*゚Д゚)リ「あ!」

( ^ω^)「間違えてパンッパンの死体の方をお墓に入れちゃいました」

ミセ*゚ー゚)リ「正解!」

( ^ω^)「わあ! もう精神が壊れちゃいそうだお~!」

ミセ;゚ー゚)リ「わ、分かりました。私がお墓作りますから」

482名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:30:37 ID:EII.lEao0



     パパーーーーーーーーーーン!!


             │
             ⌒



( ^ω^)「立派なのが出来たなぁ」

ミセ*^ー^)リ「えへへ。もうちょっと拘るべきだったかも知れませんね!」

( ^ω^)「そうだね、これじゃあ僕が子供の頃作ったかまきりの墓となんら変わらないお」

ミセ*゚ヮ゚)リ「私、お供え物準備したんです」

ミセ*゚ー゚)リっ=(:::゚◎゚:) スッ

( ^ω^)「それはお供えしなくていい」

ミセ*゚ヮ゚)リ「じゃあ、ペプシの瓶を」

( ^ω^)「それもいいお。早くゴミまとめて捨てろお」

ミセ*´ -`)リ しょんぼり

(; ^ω^)「ご、ごめん」

483名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:31:24 ID:EII.lEao0
( ´ω`)「……安らかにお眠りくださいお」
   人

ミセ*゚ー゚)リ  ぱんぱん
  ⊃;:⊂

ミセ*゚ー゚)リ ナムナム
   人

( ´ω`)「……んじゃ」

ミセ*゚ー゚)リ「え? 帰っちゃうんですか?」

( ´ω`)「いや。……ツンのいない世界なんて考えられないお」

ミセ*゚ヮ゚)リ「そうですか! 今日は楽しかったです、ありがとうございます!」

( ´ω`)「そうだね。あなただけが楽しかったね」

ミセ*゚ー゚)リ「また来てくださいね」

( ´ω`)「もう来れないお」

ミセ;゚ー゚)リ「えっ。引っ越しちゃうんですか?」

( ´ω`)「死にます」

ミセ;゚Д゚)リ「えええええええええええええええええええええーーーーーーー!!! どうしてですかーーーーー!! 嫌なことあったんですかーーーーーーー!!!」

( ^ω^)「くぅ~」

484名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:32:15 ID:EII.lEao0
ミセ;゚ー゚)リ「冗談でもそういう事言うのやめましょうよ~。竹馬の友じゃないですか~」

( ´ω`)「どういう意味で使いたいのかわからないけど、竹馬の友ではないお」

ミセ;゚ー゚)リ「ね、お願い。死んじゃいやです」

( ´ω`)「もう僕には生きる希望がないんだお」

ミセ*´ -`)リ「そうですか、残念です。さようなら……」 しょんぼり

( ^ω^)「くぅ~」

ミセ*゚ヮ゚)リ「止めて欲しかったですか?」

( ^ω^)「少しはね!!!!!!!!!!」

ミセ*゚ー゚)リ「正直ですね!」

( ´ω`)「やかましいわ」

ミセ*゚ー゚)リ「あの、私。正直者に救いを差し伸べるって役割があるんですよ~」

( ´ω`)「そうなの?」

ミセ*゚ヮ゚)リ「はい。だから救っちゃいま~す」

ミセ*゚ー゚)リ「これどうぞ」
  っ□

486名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:33:47 ID:EII.lEao0
( ^ω^)「なんだお、この箱は」

ミセ*゚ー゚)リ「救いの箱です。この中にアナタを救う、あるものが入ってます」
  っ□

( ^ω^)「そうかお……」

ミセ*´ー`)リ「はい。必ず、アナタは救われるんです。正直者はハッピーエンドじゃなきゃダメなんですよ~」
  っ□

( ^ω^)「……それ、もらっちゃっていいのかお?」

ミセ*゚ー゚)リっ□「もちろんです! どうぞ!」

( ^ω^)「ありがとうお」
  っ□

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあ、私がいなくなったら開けてみて下さい。絶対ですよ」

(; ^ω^)「わ、わかったお」

ミセ*゚ー゚)リ「短い間ですけど、楽しかったです。また会いましょうね」

( ´ω`)「死んでなかったらね」

ミセ*゚ー゚)リ「大丈夫です、死にません。救われるんですから」

( ´ω`)「うん……」

ミセ*゚ー゚)リ「では……! アナタの幸福を祈ってますからね!」


   ざぶ~~ん……


.

487名も無きAAのようです:2013/08/30(金) 02:34:50 ID:EII.lEao0
( ^ω^)
  っ□

( ^ω^) ゴソゴソ
  っ□”

( ^ω^)
  っロ

( ´ω`)
  っロ


     ┌──────────┐
     |   w   w    w    |
     |   (: :)  (: :)   (: :)   |
     |   `"   `"    .`"    |
     i. ─ァ  -┼o ┌‐┐   .|
     i.  ノ┘ .ノ、|ヽ   L__」   .|
     |      .チョコレート         |
     |.       w        |
     |      (: :)      w   |
     |.      .` ,‐、   (: :}. |
     |     .,.rf;「',/   ',.   `"  |
     |   ./V///}≧-- x     |
     |   ゝ<V//}ニ三ニソ    |
     |      ̄             |
     |   w           w     .|
     |  (: :)      (: :)   .|
     |   `"          `"    .|
     |`wwwwwwwwwwwww´|
     └──────────┘






       15.あなたの落としたのは?   おわり



.


戻る  <14.ワシにおまかせ 16. ヒと の かのジょ スいッチ>